「本指名」をしてもらって稼ぐ

キャバクラのバイトをするのなら、やっぱりバリバリ働いてしっかりとお金を稼ぎたいところですね!
でも、一体どうすればお金を稼ぐことができるのか、まだキャバクラ未経験の女の子にはピンと来ない部分も多いと思います。

大抵のキャバクラでは、主に「本指名」を頂いた本数によって、もっともお給料への還元率が高くなるシステムを導入しているところが多いと思いますので、今回はその前提でお話をしていきたいと思います。

二つの違い

さて、みなさんは本指名と場内指名の違いはご存知ですか?
初めての方にもわかるように簡単にお伝えするとすれば、本指名は、お客さんが店内に来られる際に「○○さんでお願いします」と、最初からその女の子を目当てにお店に来られた場合を言います。

対する場内指名は、誰が目当てということもなく、フリーで来られたお客様が場内で気に入った女の子を選んで、一緒の時間を過ごすことを言います。
場内指名に関しては、お店での最初のテンションでなし崩し的に決まってしまったり、なんとなくで決まることも多いので、本指名よりガッツリ狙いやすいのは当然です。
でも、稼ぐのであれば本指名に繋げたいところですね。

ちょっとしたテクニック

それでは、場内指名ではなく、最初から自分を選んでお店に来てもらうためには、一体どういった所に気を付けていけばいいのでしょうか。

この辺りは女の子によって、色々なテクニックがあるようですが、一つは「場内を断られたとしても、最初の時点でしっかりと連絡先をゲットしておく」というのが上手くいくコツです。
場内は適当な感じで決めることができますが、自分がしっかりと気に入られたわけではないので、次に繋がるとは限りません。

その場のバックで終了なんてよくある話です。
でも、場内はNGでも可愛らしく振る舞って連絡先だけでもゲットしておけば、ちょっとした連絡を取る事で次に来店してもらえる可能性も結構高いのだとか。
あの子に会いたいなと思ってもらえればお店に来てもらえるので、よく考えてみれば来てもらいやすいのかもしれません。

いずれにしても、場内にこだわらず「次を狙う」ことがとても大切だということですね。
キャバクラで働くのが初心者のみなさんは、ぜひかわいこぶってみてください。

「私、本当に初めてでどうすればいいのかわからないんですけど、一緒にいてもいいですか?」
なんて言われれば、結構嬉しい男性も多いものです。
それで断られたら、大袈裟なぐらいシュンとしてみて、せめて連絡先だけでもと食い下がってみるのもOK。
まずは連絡先ゲットを目的に、ぜひ頑張ってみてくださいね!